AED実施率と生存率は?


AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

先日、普通救命講習を修了して参りました。

2年前にも受けていたので、内心また同じことを話されるのだろうと思いながらの講習でしたが、忘れている部分もあるものですね~ナメてました! 申し訳ないことです。

そして今回、改めて納得したのが

AEDは、完全に心臓が止まっていたら電気ショックは行わない、 という点でした。

よくテレビドラマである、心電図が一直線にピーっとなった場面で心臓を動かす為にショックを与えて体がバンッと起き上がるようなことは実際にはないそうです。

除細動器の名前通り、心臓が細かくふるえて痙攣している場合に正しいリズムに戻すための機器なのです。

電気ショックをするかどうかもAED自身が判断してくれます。

しかも装着して2分おきに「調査中です」の指示アナウンスがあるので、AEDを使ったことがない人でも音声に従ってやれば正しく使う事ができます。

『平成28年版 救急・救助の現況』より

平成27年度の一般市民が目撃した、心原性心肺機能停止の傷病者数は2万4,496人。 このうち一般市民が心肺蘇生を実施したのは1万3,672人でした。

半数以上の実施率は素晴らしいですね。

そしてその生存率についても、今回のお話にありました。