• はやうまれ

湯布院!?由布院!?・・・ゆふいん!!


「ゆふいん驛」とありました(^^♪

湯布院、由布院・・・どちらも正しいらしいです(^-^;

湯布院は昭和30年に由布院町と湯平町が合併して誕生した地名。 厳密にいうと、湯平町を含む場合は湯布院、含まない場合は由布院となるそうです。まっ、どちらでも。ね。

春ですもの、行楽続きです(*^^)v

大分県人のくせして、湯布院には行ったことがありませんでしたm(__)m

行ってビックリ、こんなにアクセス良かったんですね!! (高速で1時間30分)

ゆふいん驛を出るとすぐにこの景色です。お天気よくてホント行楽日和♥

行楽なのですが、やっぱりお楽しみはランチ!! 平日ですが1時間待ち!!!

教えて頂いた「 由布まぶし 心(しん)」

イチオシの豊後牛まぶしを頂きました。

お値段は、2,480円

観光地価格だから仕方ないかな~と思って注文しましたが

まず、この前菜が出てきまして!

(卵焼きとか、色々乗ってるお皿ね。あ、3人分です)

そして、豊後牛で埋め尽くされたお釜~~(*^^)v

ご飯は軽く3杯はあると思います。

写ってませんが、お漬物も5~6種類ほどついてきました。

1杯目は、そのまま。2杯目は薬味で(柚子胡椒がオススメ、私は)。

3杯目は、直接ダシを注いでお茶漬けで頂きました!

出し汁は土瓶に入って出てきます、良いよね土瓶。

男性が食べても絶対にお腹いっぱい!!

ご飯ばっかり食べている訳ではありません、ちゃんと(?)観光地も巡りました。

金鱗湖です。

この日は波が穏やかで(まあ、小さな湖なので当たり前) 周囲をぐるっと回るも、まあ素敵で。

モミジの若葉が綺麗でした。

そして、湖の向こうに見えた鳥居まで。

天祖神社。金鱗湖を背にした小さな神社ですが、手入れの行き届いた凛とした場所でした。

こんな良い日に来させて頂いて、感謝してお詣りしました。因みに引いたおみくじは中吉。

それくらいが丁度良いのでは。

全国的に有名な湯布院。行く先々で日本語ではない言葉が飛び交い「ここ、日本よね(*_*)」 と戸惑うほど。

着物の着付けもしてもらえるようで、着物姿の女性も見受けられました、可愛い柄の着物です。

東の軽井沢・西の湯布院。やっぱ凄いわ湯布院。

大人がゆっくりと楽しめるリゾート地、という印象です。平日という事もあって、アタフタしてないですし。

沢山の名所を回るより、一つ一つをじっくりと味わうのがお似合いの湯布院です。


0回の閲覧

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産