• 内川 智哉

鳥栖市人口動態


佐賀県内で唯一(?)人口が増えている街『鳥栖市』。

現在の人口は73,000人程度なので、佐賀市の約1/3程度の人口規模です。

「『人口が増えている』とは言うけれど、実際どうなの?」

というシンプルな疑問に答えるべく、鳥栖市が公表する町別の人口動態をグラフ化しました(ご興味おありの方には、個別でお見せします)。

平成19年1月から平成30年1月までのデータを抽出して、この約11年間の推移を見ると、街の様子が手に取るように分かります。

人口の伸びが著しいのは、『弥生が丘地区』。次に『旭地区』『鳥栖北地区』と続きます。

やはり大規模な開発のかかった街は強いなという事と、JR鳥栖駅周辺に増えた分譲マンションによって人口が一気に増えたのだなと感じました(小並感)。

また、単純に人口トップの地区はというと『鳥栖北地区』。平成21年にトップになって以降、常に一番の人口を維持しております。

さらに『丁目・町』単位まで細分化すると、人口トップは意外にも『村田町』でした。2位は僅差で『本鳥栖町』。

村田町は、弊社がリノベーションした『リアンジュ』が所在する町です。あの満室になるまでの驚異的なスピードの背景には、こういった『人口が多い』というポテンシャルの高さが由来していたのかもしれませんね。

#リアンジュ

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産