• 野田悦子

所有者不明の土地問題に解決?!


所有者不明土地が生ずる原因の一つとして、相続後の登記がなされないまま、放置されていることがあげられます。相続不動産の登記をするには、被相続人や相続人に関するさまざまな書類を集めなければなりませんし、登録免許税や司法書士への手数料もかかります。不動産の登記は義務ではありませんので、どうしても後回しになりがちです。そのうち二代、三代と相続が進んでしまうと、相続人が数十人、百数十人となり、もう手が付けられなくなってしまいます。所有者不明土地問題を解決するためには、先ずは相続登記を促進する必要があります。しかも、数代にわたって登記されず放置されている土地については、時間が経てば経つほど状況は悪化してしまいます。

所有者不明土地問題を解決するためには、先ずは相続登記を促進する必要があります。しかも、数代にわたって登記されず放置されている土地については、時間が経てば経つほど状況は悪化してしまいます。

そこで、本来であれば、相続による所有権の移転登記は、不動産の固定資産税評価額の0.4%の税率の登録免許税がかかるところ、平成33年(2021年)3月31日までの間において、免税措置が設けられました。

先代名義のままの土地の相続登記にかかる登録免許税の免税措置

相続(相続人に対する遺贈も含みます)により土地の所有権を取得した者が、所有権の移転登記をせずに死亡し、その者の相続人等がその死亡した者を登記名義人とするために行う所有権の移転登記について、登録免許税がかからないこととされました。

                                         FPいまどきウォッチング より引用

上の事例を分かりやすく書いてみます。ここからは私自身の言葉です。

不動産(家とか土地とか田畑とか)を相続する時、ちゃんと手続きして名義を変えておけば何の問題もないことです。

ただ、相続税が発生するような事態にならない限り(相続税の申告は死亡を知った日から10か月・資産を全て洗い出す必要があります)、面倒な不動産の相続は後回しにされる事が多く、代がかわってから益々複雑になり放っておかれたままになっている問題に解決策を・・・というのが免税措置です。

二次相続、聞いたことがありますね。

自分に置き換えると、父が亡くなり・母が相続する→何の問題もなく良かった(*^_^*)、で不動産の事はし~らない(登記って何??)でほったらかしておいた・・・→母が亡くなる→えっ、土地と建物ってまだお父さんの名義じゃん!!!となる事ですっ。

自分が相続する番が二次相続となります。

父親が亡くなって母親が相続する時は、配偶者には手厚く控除額があり、相続税もかからない場合があります。

それで安心しておいたら、自分の時には相続税の申告が必要で不動産は二次相続にあたり、登録免許税がかかりる事を初めて知るわけですね。

え~面倒だから相続放棄でもいいかな、と考えたくもなりますが、相続放棄は不要なものだけを放棄できるわけではなく、全ての財産の放棄となりますのでご注意下さいませ。

念の為に申し添えると、私自身は父が亡くなってから不動産は諸事情あり、私名義にしております。私には二次相続の問題は発生しておりません。(母もお陰様で健在(^-^;)

ここで改めて免税措置を検証してみましょう。

平成33年3月末までは登録免許税がかからないことになりました。

だから、土地の所有者を明らかにしやすくなるでしょうか??

上にあるように登録免許税は、固定資産評価額の0.4%です。(売買価格ではありませんよ、しかも0.4%って)

二次相続の問題点は登録免許税ではないと思います。

相続人が多くて話し合いが上手くいかない、誰も不動産を必要としてない・・・だから空き家問題って根深いのではないでしょうか。

家を壊してしまうと費用が百万単位でかかり更地になったおかげで固定資産税が数倍にあがるから、分かっていてもそのまま放置している事が多いのでしょう?!

免税措置は結構な事ですが、それで所有者不明の土地が減るかどうかは難しい所だと思います。(ムリだと思いますがね、空き家を更地にする費用を国が捻出した方がはやく解決するのでは(*^^)v あ、それこそ無理かぁ)

所有者不明の土地が多いばかりに、国の公共工事が進まない事例が多くあるようです。国道新設や河川の改良をしようと思ったらその土地の所有者はとうに亡くなっていたので大変困った、という訳で今回の免税措置がとられたようです。個人の問題だと思ったら国にも迷惑かけてたし、ひいては自分が困ることになる、なかなか難しい問題でした。不動産の相続手続きはキチンとしないといけませんね。

自分自身に置き換えてみましょう。

あなたは大丈夫ですか??

名義がおじいちゃんのまま、なんて事になってはいませんか?

今すぐ確認してみましょう!!


63回の閲覧

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産