• はやうまれ

お墓か納骨堂か! 80歳の終活


どーしても直面するこの問題・・・うちは分家なのでお墓の用意がありませんでした。

80歳自身のお墓のお話とは違いますが、まあ終活の一環ということで(^-^;

数年前に父が亡くなった時に、お墓か納骨堂かの選択に迫られました。そりゃそうです、いつまでも遺骨を家に置きっぱなしにはできませんもの。49日の法要が済んだら納骨するのが一般的です。

父は病死でしたが、闘病期間が短かったのでそこまで先の事を考える余裕がありませんでした。

怒涛の通夜・葬儀・初七日・・・あっという間に49日は来てしまい、さてお墓をどうする??

お墓の値段っていくらなのでしょうね。

一説には、100万円程度を想像している人が一番多いとあります。う~~ん100万かぁ

でも実際に購入した人に聞くと、150万円台が一番多いらしいです・・・(´・ω・`)

お墓の値段には、永代使用料(土地代ですね)・墓石代(御影石とか?)・管理料が含まれます。

あと、命日・お彼岸にお墓を掃除してからのお参り。うちだけ草ぼうぼうとか嫌ですもんね。

この墓掃除が出来そうになかったのでうちは納骨堂を選びました。

お値段は・・・100万円から多少おつりがくる程度でした、けっこうするもんなんだなぁと思いましたよ。

墓掃除からは解放されましたが、勿論お寺の御用時・行事には参加しています、母が。

墓参りには当然、時期も日時も選ばず思い立った時に行けますが(墓地に入るのに通行許可はないので)、納骨堂も日祝日・平日を問わずいつでもドアのカギは開いています。

だから私は実家に帰ったついでに(ごめんねお父さん!)納骨堂に寄るようにしています。時間によってはカギがかけられるのでしょうが、まだその場面に出会ったことはありません。ありがたいことです。

お墓か納骨堂か、それぞれの事情で決められるのでしょうが、私自身だったら面倒がないほうがいいなぁと思います。

人は死んだら土にかえる、って聞いたことがありませんか。

えぐい話で恐縮ですが、お骨が最後にどうなるかご存知でしょうか? ええ、骨壺に入っているアレです。

何十年も経つと最後は、水になるのですよ!

本当です私、見たことがあるので!! 人は死んだら最後は水になります。チョット良い話じゃありませんか(^-^;


13回の閲覧

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産