• 内川 智哉

レジデンス?テナント?


「不動産投資」の代名詞とも言われる「ワンルーム投資」。

よく会社に営業の電話が掛かってくる「アレ」ですね(-_-;)

飽きもせず、ご苦労様ですと言いたいくらい、”受け手”のことを一切考えない一方通行な営業手法なので、辟易とされている方も多いかと思います。

2007年頃から流行りだした、「土地から購入してアパートを建てて1棟まるごと投資」するアパート投資を皆さんご存知でしょうか?

有名どころでは、シ〇ケンさんとか、イン〇スターズさんとかCMでもチラホラ見かけますよね。

かくいう私も、以前は新築アパートの販売営業をしておりました。

ちなみに『レジデンス』とか『テナント』といった言葉をご存知でしょうか?

「不動産投資」というと上記のような投資手法が目立ちます。このような”住まい”の賃貸物件のことを『レジデンス』物件と呼んだりします。

これに対して、事務所や店舗などの賃貸物件を『テナント』物件と呼んだりします。

比較的に資金力が必要なテナント物件での不動産投資ではありますが、ワンルーム投資やアパート投資に比べてメジャーではない分、「人口減少」という不動産投資における”マイナスのキラーワード”に左右されないパワーがあります。

最近、興味深い物件情報が集まってきていますので、折を見てブログでも紹介していきたいと思います。


15回の閲覧

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産