• はやうまれ

「絶対に損をしたくない」


今回はFP2級ファイナンシャル・プランニング技能士として一言。

仏系運用会社のアムンディ・ジャパンが約1万2000人を対象に実施した「資産運用に関する意識・行動調査」によると、資産運用未経験者のうち4割弱が運用の必要性を感じていることが分かりました。昨年8月末でのネット上での回答ですが、運用しない理由は半数以上が「知識がない」、他には「まとまった資金がない」「運用は難しそう」との理由となります。

又、投資未経験者のうち、計36%が「資産運用を必要だと強く感じている」「必要性をなんとなく感じている」と回答しています。

そして運用しない理由では、30代女性の「資産運用は難しそう」の回答率(49%)が高く、50代女性の「絶対に損をしたくない」(44%)も目立った回答率です。

・・・絶対に、というところが共感できますね~。投資は損する、と敬遠されているのでしょうね。上手い口車に乗せられて虎の子の貯金を奪われる、そんな光景が浮かぶのでしょう。取られるだけならまだしも、借金まで背負ってしまう・・・身近な人では聞かないけどきっとありそう・・・なるほどですね。

では、損をしない投資をするにはどうしたら良いのか。

永遠のテーマです、ありきたりな答えですがここはやはり「正しい知識をつける」が王道かと思います。付け加えるなら「常に新しい知識をつける」ことです。

iDeCo個人型確定拠出年金、ご存知でしょうか。年金機構の回し者ではありませんが、検討の余地がある商品だと思っています。突っ込んで言えば、年金では足りないので国が自分で年金を増やしてほしい手段がiDeCoだろうと確信しています、積立金に税金がかからないのもそういう理由でしょう。

絶対に損をしたくないから、正しく新しい知識を身につけましょう!!


0回の閲覧

copyright (c) 2016 株式会社アクト不動産